備蓄!その前に 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > カテゴリー - 備蓄!その前に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食糧の備蓄の前に

我が家の調理はIHクッキングヒーターです。

万が一電気が止まると調理が出来ません。

水は給水車が来るかもしれませんが
電気の復旧はわかりかねます。

そしてここは北海道。

先日も猛吹雪のため送電線がやられ停電してしまった家もありました。

とても人ごととは思えません。

ということで
一週間分程度調理に使えるように
我が家では冬に大活躍のカセットコンロのガスを
夏でも多めに備蓄することにしています。



カセットガス1本で連続燃焼時間は2時間弱という風になっていますが
実際にフルパワーで使ったことがないため
念のため1本=1時間半程度で計算します。

1日3食作り1食1時間程度煮炊きを行うとして
1日あたり2本程度のカセットガスが必要です。

それを念のため1週間分用意しているので本数にすると14本。

大抵3本セットで購入する場合が多いので
5セット程度は備蓄してあることになります。

今家にある本数を数えてきましたが
冬になり頻繁に鍋をしていたため
在庫が若干減っておりました。

ついでに、我が家では非常時の暖房も
カセットガスを使用するタイプのものなので
これでは全然足りません。


(これについてはそのうち記事にしたいと思っております)

以前は近所のスーパーで特売の時に買っていたのですが
最近では需要が増えたのかあまり安くしなくなりました。

カセットボンベのガスは缶部分が腐食しないかぎり
ほぼ半永久に使えるそうなので
これを機会にネットでまとめ買いも検討したほうが良いかもしれませんね。

>>楽天市場でカセットボンベを探す


スポンサーサイト
[ 2013/02/09 09:31 ] 備蓄!その前に | TB(0) | CM(0)

家族が離ればなれになっても・・・

あ、前に書いた記事
一つ大切な物を忘れていました。

カバンの中・・・というか財布の中に入れている物ですが。

・家族の写真

毎年ではないのですが
節目節目に家で撮った家族4人の写真を
カードサイズに印刷して裏に撮った日付と名前を書き
それぞれの携帯番号を入れた物を
ラミネーターでフィルムパックして
防水加工してあります。 

それを家族それぞれに持たせて財布や生徒手帳に挟んでいるのですが
これは311の時に被災された方が言っていたお話から作った物です。

写真があったので家族がバラバラになっても慰められたという方のお話と
携帯が水没して壊れたので電話番号がわからず
他の家族となかなか連絡が取れなかったというお話。

それら二つを合わせて上のような写真を作ることにしました。

ただ、これの欠点としては
落としてしまったときには個人情報がもろばれってことですね。

子どもには十分言い聞かせてありますが
落としたときにはたぶん携帯番号を変えるという
変なリスクを背負うことになりそうです。

が、それでもその重要性を考えてあえて持ち歩くことにしています。

これはこれで普段使う利点もあって
娘の学校は携帯電話の持ち込みが禁止のため
私に連絡を取りたいときにはこの写真の裏書きを見て
電話をかけてきているようです。

また、仕事中に携帯の電源が切れてしまったからと
夫が公衆電話からかけてきたこともありました。

万が一の時というのは何も災害だけとは限らないので
そんな時にも便利に使えるというのは
結構な利点ではないでしょうか?
[ 2013/01/24 22:51 ] 備蓄!その前に | TB(0) | CM(0)

普段からカバンに入れておきたい物

家にいる時に何かがあれば
取る物も取らずに取りあえず逃げますが
その万が一の時にどこにいるかは誰にもわかりません。

子どもとお買い物をしているかもしれないし
本屋で立ち読みをしているかもしれないし
電車やバスで移動中かもしれません。

なので、どこで何があっても良いように
私が普段から使っているカバンには
結構いろいろな物が入っています。

ただ、いろいろ詰め込みすぎてカバンがでかい!
ということは避けたいので
あくまで一時的に必要になりそうな物ばかりですが
それでも人には「荷物多すぎ!」と笑われてしまいます。

・財布、携帯、カードケース(これは入っていて当たり前ですよね)
・ハンカチ、ティッシュ(子どもも小さいため普段から二つずつは必需品)
・アメ、ガム、フリスク系のちょっとした食べ物(同上)
・生理用品(生理の時以外でも常に3枚程度は入れています)
・扇子(とても暑がりなので夏でも冬でも入れっぱなし)
・バンダナ(非常時にも役立つし、普段から色々と使えて便利)
・エコバック(常に3個は携帯。買い物はもちろん色々と使えるので)
・ビニール袋(常に3枚は携帯。これも色々と使えます)
・使い捨てマスク(非常時にも役立つし、普段から埃が苦手なので)
・ライター(たばこも吸わないのになぜか。でもこれも色々と使えます)
・爪楊枝と鏡(捨てきれない女としてのエチケット?)

こんなところでしょうか?

一見するとそれほど特別な物は持ってないですよね。

でも、意外とそれが非常時に役立ったりするので
そのどれもがはずせない重要な意味があったりします。

それはまたおいおい。
[ 2013/01/24 10:27 ] 備蓄!その前に | TB(0) | CM(0)

まずは注意をしながら逃げよう

万が一の場合に一番優先されるのはもちろん人命です。

危険きわまりない状態の時に
「非常持ち出し袋を取りに戻ったがために・・・」
と、言うのが一番恐ろしいことなので
まず第一は逃げること。

文字通り「取る物も取らずに逃げて」から
はじめてその後どうするか・・・ということを考えるのです。

ただし、地震が来たからといって
いきなり外に飛び出すのはダメです。

以前見た地震の映像で店内にいたお客さんが
上から落ちてくる蛍光灯や商品にパニックになり
慌てて外に飛び出してくるというのがありました。

あれはダメですよね。

外には外で窓ガラスが割れたり
電線が切れて落ちてくる可能性もあります。

もろい外壁が剥がれることもあるかもしれません。

もちろん、危険な店内にいつまでもとどまる必要性はありませんが
取りあえずは何も落ちてこないところで止まり
一旦落ち着くのを待って
それから注意しながら避難するのが正しい方法だと思います。

まぁ、私も実際にそうなった場合に
パニックにならないかと言われれば
きっと無理なのでしょうが・・・

知識として「頭上に注意!」というのだけでも頭の片隅にあれば
無用な事故は防げるのではないか・・・ということで。

[ 2013/01/23 22:07 ] 備蓄!その前に | TB(0) | CM(0)

避難路は確保されていますか?

ハザードマップで自分の住んでいる地域を確認し
万が一の場合の避難場所を決めたら
次にやるべきことは・・・

「お片付け」

備蓄する場所を確保するという目的もありますが
そもそも、万が一の時に逃げられなければ話になりません。

家具の固定などもやらなければなりませんが
まず片付いていなければ大変なことになってしまいますよ。

・落ちてきて危険な物は高いところに置かない
・落ちて割れそうな物は固定する
・避難経路となるであろう場所に物を積まない

近頃は物を減らしてシンプルに暮らすライフスタイルが流行っていますが
それは緊急時にも役立つことかもしれません。

あまり物を捨てすぎてイザという時に足りないというのも困りますが
必要でない物が溢れているがために逃げ遅れたというのでは悲しすぎます。

万が一停電などになった場合
薄暗い中で探し物がしやすいように物の定位置を決め
しっかりと把握しておくことはとても大切なことです。

・・・と、偉そうに書いてみましたが
コレに関しては私もまだまだ途中です。

ある程度片づけても次の場所を片づけている間に
また物が溢れている・・・という場合が多くて。

でも、少しずつではありますが
確実に物を減らしてきてはいますので
もうちょっと努力を続けていこうと思っています。
[ 2013/01/23 10:10 ] 備蓄!その前に | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。