非常持ち出し袋のチェック 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > スポンサー広告 > 非常持ち出し袋のチェックホーム > 非常持ち出し袋 > 非常持ち出し袋のチェック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

非常持ち出し袋のチェック

非常持ち出し袋で一番多いのが
「作ったので安心してその後放置している」
というパターンです。

もちろん、腐りやすい物を入れているわけではないので
常日頃からチェックを怠るな!とはいいませんが
実際に使おうと思ったら

・電池が液漏れしていた・・・とか

・ウェットティッシュが乾いていた・・・とか

それでは役に立ちません。

私の非常持ち出し袋にはスーパーで購入した
チョコとおかゆのレトルトパウチとペットボトルの水が入っています。

そのどれもが非常用に特化したものではなく
普通の普段食べる為の物です。

故に賞味期限が短い。

実はどれも半年ほどしかありません。

ここがミソなんです。

賞味期限が切れた非常食を
いつまでも持ち出し袋に入れておくわけにもいかないので
半年に一度は交換を余儀なくされます。

その時に他の物も点検しておけばよいのです。

点検時期はいわゆる一般的に言われている
防災月間である9月と
未曾有の大災害に見舞われた3月。

奇しくも半年違いだったので
そのどちらも忘れないようにするために
自分だけで一人防災月間にすることにしました。

その時に備蓄してある食糧の賞味期限もチェックして
出来るだけロスを出さないように気を付けています。

チェックする項目は
・食糧の賞味期限の確認と交換
・ウェットティッシュの交換(半年ごとに交換して掃除などに使用)
・ラジオや懐中電灯の動作チェック
・生活環境の変化による中身変更の有無

その程度です。

非常持ち出し袋のチェックなら30分もあれば二つとも終わってしまいます。

もちろん
きちんとした防災用の消費期限の長い食品を用意すれば
3年~5年程度は交換の必要はありません。



が、それでも1年に一度程度は
自分がどんなものを用意したのか確認をするだけでも
防災意識は高まると思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/30 22:49 ] 非常持ち出し袋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。