まずは自分の安全を確認 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > スポンサー広告 > まずは自分の安全を確認ホーム > 備蓄!その前に > まずは自分の安全を確認

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まずは自分の安全を確認

ハザードマップというのをご存じですか?

自分の住んでいる地域の自然災害による被害を予想し
その範囲を地図にしたものです。

備蓄とは万が一の時に生き抜いていくために必要な物で
そもそも生きていなければ意味がありません。

一番必要なのは自分の置かれている立場を認識して
万が一の場合にどのように行動すれば良いのかを
日頃からしっかりと確認しておくことですよね。

ハザードマップの公表方法は各自治体によって異なりますが
公表されているものは

国土交通省 ハザードマップポータルサイト

でも確認することが出来ます。

幸いにも我が家は築10年のわりと新しい家ですので
よほど大きな直下型の地震でもないかぎり倒壊はしないと思われます。

大きな山は近くにないですし、活断層が~・・・という話も聞かないです。

海も近くないですし、川からは少し離れた高台にあるので
豪雨や台風で水害にあう確率も低い場所です。

原発から30キロ以上離れた場所なので
取りあえず心配はないでしょう。

住宅街ですが
田舎なので隣家が極端に隣接しているというほどでもなく
火災の延焼もおそらく大丈夫。

そして、我が家には犬と猫がいるため
一緒に避難所に行くことは大変困難になるため
出来れば家からは離れたくありません。

やはり何かあった場合には
家で籠城をすることが想定されますので
備蓄が大切になってくるのではないかと思います。

しかし万が一家にいられなくなるほどの被害が出た場合には
子ども達の安全が第一。

可哀相ですが犬猫は家に置いて避難所へ向かわなくてはなりません。

避難所として近くの中学校と高校と公民館が指定されていますが
どこも歩いて10分ほどの距離にあるので
そのどれかにいるからと子ども達には教えてあります。

家以外の場所で被災した場合には
落ち合う場所を決めておくことも大切です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/22 21:09 ] 備蓄!その前に | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。