犬と猫の備蓄 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > スポンサー広告 > 犬と猫の備蓄ホーム > ペットの備蓄 > 犬と猫の備蓄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

犬と猫の備蓄

リクエストがあったので少し考えてみました。
(ありがとうございます^^)

今家でやっていることと言えば
「プラス1ヶ月分多めに備蓄しておく」という程度です。

今食べているいつものドライフードと缶詰とおやつ
それから猫用のペットシーツくらいですが。
(我が家の猫はペットシーツでトイレをするので)

本来は常に見えるところに猫(or犬)用のキャリーを置いて
出来ればそこを寝床にしてもらい慣れておいてもらうのが良いのですが
うちのお猫様の場合は大変しつけがなっていないため
キャリーに粗相をしてしまうのでやむなく撤去しました・・・

犬に関しては臆病なため
いつもと違うことが起こると一目散に私のところに逃げてくるので
(そして大型犬のくせに無理矢理膝に乗ります。重い・・・)
特に心配するようなことはないのですが
猫は怖いことが起こると2階に駆け上がってしまうので
少し捕まえるのは困難かもしれません。

まあ、家が無事なら少しすれば様子を見に降りてくるのでその時に捕まえますし
家が倒壊するならむしろ2階に逃げてくれた方が無事である確率も上がるでしょう。

あとは恐らく犬や猫を受け入れてくれる避難所というのは
ほとんど存在しないと思われるため
出来る限り私が頑張って家に止まるか
餌をやったり様子を見に頻繁に帰れる場所に避難するかの
どちらかだと思います。

一応外の物置に子犬の時に使っていた犬用のサークルを保管しているので
家に置いておくのが不安な場合には犬を外に繋ぎ
猫を犬用サークルに入れておくということになると思います。

餌などを1ヶ月分多めに買っているのは
元々1ヶ月分をまとめ買いしているので
今食べている餌にプラス1ヶ月分にしておけば
万が一流通が一時ストップしても
人間のご飯を回すことなく餌をあげられるかな?という感じです。

我が家は田舎ですし
万が一避難ということになっても
兄弟や親が一軒家に住んでいるので
預かってもらうことは可能だと思っています。
(あくまで本当に万が一の場合ですが)

もし、そのような場所がない場合には
まあ、猫ならキャリーに入れて一緒に避難くらいは出来るでしょうが
長期になりそうなら預けられるような遠方のボランティアなどを調べておくのも
危機管理の一つかもしれないですね。

そしてその場合には非常持ち出し袋にペット用の餌と水もお忘れ無く。

余分な餌は非常持ち出し袋で保管すると良いかもしれません。

餌がなくなったら
非常持ち出し袋に入れてある物を出してきていつも保管している場所に補充する。

買ってきたら非常持ち出し袋に入れる・・・と繰り返せば
恐らく常に新しい餌が非常持ち出し袋に備蓄されている状態になると思います。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/07 10:02 ] ペットの備蓄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。