一週間分の備蓄食糧おかずを考える 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > スポンサー広告 > 一週間分の備蓄食糧おかずを考えるホーム > 一週間分の備蓄食糧 > 一週間分の備蓄食糧おかずを考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一週間分の備蓄食糧おかずを考える

前回の記事で見つかった我が家の一週間分備蓄食糧の問題点は
圧倒的におかず部分が少ないことでした。

1日3食×7日=21食×3人=63食分

これに対しおかず部分は

肉・魚系缶詰 29缶
レトルトカレー 3食

合計で32食しかありませんので約半数が不足していることになります。

レトルトカレーが3食程度しかない理由は
近所のスーパーで手に入る好みの物がなかなか見つけられないからです。

元々あまり好きではないので外すことも検討したのですが
備蓄食糧を考える上でやはりカレーは1食程度は欲しいところなので
ここに関しては気長に探すつもりです。

1食ずつ買っては試してを繰り返し
好みの物が見つかれば少し増やしてもいいですね。

でも、一週間分と思うと週に2回もカレー食べますかね?

子ども達に「また?」と言われそうなので
出来れば他の丼などにしたいところですが
未だにカレーで躓いているので他にまで手が回りません。


このような商品が取り入れられれば
一週間の献立もレパートリーが広がり
備蓄食糧数も楽にカバー出来そうなのですが・・・

今のところ子ども達も喜んで食べる缶詰に頼るしかないのかな?

ついつい家計を考えて特売に走りがちですが
備蓄食糧という重要性を考慮して
少しお高い物にチャレンジしてみるというのも一つの手かもしれません。


これ美味しそうですね。

やはり食べることは明日の元気に繋がるわけですから
食べ応えのある丼系ははずせませんね。

せめて夕食くらいはレトルトのカレーや丼で揃えたいところですから
今後不足分を買い足す場合には

肉・魚系缶詰をプラス13缶
レトルト系をプラス6種類(×3人=18食分)

という感じでしょうか。

ちなみに、主食部分にスパゲティがあるのにおかず部分にソース系が皆無なのは
やはりカレーと同じで好みの物が見つけられなかったからです。

これも要捜索ですね。

缶詰に関しては好みの物が固まりつつあるので
次回買い物に行ったときにでも買い足そうと思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/10 21:56 ] 一週間分の備蓄食糧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。