主菜を備蓄する 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > スポンサー広告 > 主菜を備蓄するホーム > 二ヶ月分の備蓄食糧 > 主菜を備蓄する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

主菜を備蓄する

万が一の時、電気が止まれば冷凍してあった肉や魚は全滅です。

ある程度保存が利いたとしても
せいぜい1日~2日が限度でしょう。

余裕があれば野菜などはスライスして乾燥させ
自家製乾物にしてしまうなども出来ますが
肉や魚はそうもいきません。

家族の健康を考えるなら潔く合掌してゴミ箱に入れるしかありませんが
そうすると二ヶ月間どうやって食べていけばよいのでしょうか?

野菜は乾物と素材缶などでなんとかなるかもしれませんが(まだ若干足りませんが)
味付きの魚の缶詰だけで二ヶ月はかなり厳しいものがありますよね。

そこでおすすめなのが水煮系缶詰です。

これらの缶詰は味噌煮や醤油煮に比べ比較的薄味で調理がしやすく
普段家で食べるとしても取り入れやすいです。

ただ、子どもはどうしても肉類を欲する方が多いのでそんな時用に
比較的調理しやすい加工缶詰も準備しておきます。

普段から取り入れやすく子ども達も好きな鶏肉を主体に備蓄し
それを補うような形で他の水煮缶等を揃えていくと
バランスが取れるかもしれません。

また、前回の方に入れてしまいましたが
ツナ缶も魚ですから立派な主菜ですよね。

次回は備蓄する量について考えてみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/03 09:29 ] 二ヶ月分の備蓄食糧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。