私が書く備蓄とは・・・ 主婦的防災と備蓄の記録

のんきな主婦が万が一の時家族が困らない防災や備蓄について真剣に考え、実際にやってみたことを綴っています。

ホーム > スポンサー広告 > 私が書く備蓄とは・・・ホーム > 備蓄について思うこと > 私が書く備蓄とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私が書く備蓄とは・・・

備蓄をしようと思ったきっかけは前回書きましたが
しかしながら、いったい何を用意すればいいのでしょうか?

以前、農林水産省が出した
パンデミックを回避するために想定した
新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイドを見てみると
家族4人を想定した2週間の量で

・米10キロ
・乾麺6袋
・インスタント麺類16食
・根菜2キロ
・卵10個
・肉魚類缶詰30缶
・野菜缶詰20缶
・インスタント食品30食
・冷凍食品10袋
・乾燥食品2袋
・インスタントスープ12袋
・乳製品2箱
・果物缶詰10缶
・基本調味料各1キロ

と、なっていました。

これってどうなんでしょう?

ライフラインが止まらない想定で出したにしては
ちょっと常温保存できる食品が多くないですか?

そもそも2週間で米10キロって・・・

うち家族4人で1ヶ月15キロも食べないんですが・・・

いろんなサイトも見て回りましたが
お年寄りがいたり、小さいお子さんがいたり、
大人だけだったり、一人暮らしだったり・・・
やはりそれぞれの家庭にはそれぞれの事情があって
準備しなければならない物って違うんですよね。

なので、私がここで書くことも
きっと読まれている方にとっては参考程度にしかならないと思います。

それでも、何かのきっかけになったりしてくれればいいな~・・・
という思いで
書いていこうと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。